「荷物をぜんぶ家に放り出したら、鍵を閉めるの。遺書をひらいた携帯を玄関に閉じ込めて、いちばん身軽なカッコで行くの。夜の川はきっとどこまでも深いから、こんな私でも沈めるの。神さま、神さま、お願いします。今日の一回だけでいい。ちゃんと成功しますように」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です