かなしいならば、くらげをお食べ。ふうより、ふより、ゆらめく影をぱくりと一息に呑み込むがよい。おまえはくらげになるだろう。瞬きの間にからだはなくなり、水面の夢にかえるだろう。それがくらげのさがだから、何もかなしむことはない。おまえのかなしみは、くらげのかなしみ。さあ、一息に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です