それでもぼくはおまえを愛しているんだ。他でもないこのぼくだけは。おまえがどれだけ嘆いても、怯えて喚いて狂っても、醜い姿を晒しても、情けなく笑い捨てたって、ぼくはおまえを愛しているんだ。現実なんてはやく捨ててしまえよ。もう目を閉じろ、愛しい子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です