いつか覚悟を決めにゃあならない。そうしたら一番うつくしい川が、嵐でたっぷり水を増した日に飛び込もう。そのときは、きみ、どうか私の背を見守ってくれ。私が流れに沈みきったあと、ひとこと、「馬鹿だなあ」と悼んでくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です