概要

A氏の記録を残す。
それは記憶であり、感情であり、知識であり、虚構であり、そして紛れもない事実である。

著者

正木千樫。まさき・ちかし。